【フランス】シャンパーニュ 概要・産地・ブドウ品種など

シャンパーニュ

ワインソムリエ、エキスパート試験で独学でがんばる方のための勉強法。シャンパーニュ 概要・産地・ブドウ品種など

azukiina
azukiina

今回はシャンパーニュです!!

覚えないといけないこと、これからまだまだどんどんでてきますが

かんばっていきましょー♪

栽培面積、土壌

・栽培面積・約3,3万ha /2016年

・年間生産量・193万hl

・大陸性気候(海洋性がまじることもあり)

・白亜質土壌

・フランス国内で最も北にあるワイン産地。のそ中でも北に位置するReimランスの緯度は49度。※ぶどう栽培の北限に近い場所!

・Champagne地方にぶどう栽培をもたらされたのは4C頃。

主要品種

【白ブドウ】

Chardonnayシャルドネ(エレガントで長期熟成型) 栽培面積28%

【黒ブドウ】

Pinot Noir ピノノワール(力強さ)栽培面積39%

Meunie ムニエ(果実味豊かで熟成が早いワインを生む)栽培面積33%

主なアペラシオン

・Champagne ロゼ発泡・白発泡 品種PN・PM・Ch

・Coteaux Champenois 赤ロゼ白 品種PN・PM・Ch

・Rose des Riceys ロゼ PN100%

ブドウ産地

【Montagne de Reims モンターニュドランス地区】

・ランスの山の意。ReimsとEpernayの間に位置。

・力強く引き締まった味わいのPinot Noirの栽培が盛ん。

(主なGrand Cru)

Ambonny(南向き)・Bouzy(南向き)・Mailly Campagne(北向き)・Verzenay(北向き)・Verzy(北向き)他4Cru

【Vallee do la Marne ヴァレドラマルヌ地区】

・マルヌ谷の意。谷のため,遅霜に強いMeunierが主に栽培。

(主なGrand Cru)

Ay・Tours sur Marne

【Cote des Blancs コートデブラン地区】

・白い丘の意。ほぼChardonnayを栽培。

(主なGrand Cru)

Avize・Cramant・Oger・Oiry他2Cru

【Cote des Bar コートデバール地区】

・Champagne地方南部にあるAubeオーブ県に位置。

・Pinot Noirの供給地。土壌はKimmeridgienキンメリジャン。

Champagne ・醸造工程

工程中に並んでます。

f:id:azuki-sommelier:20191126091706p:image

・Vendangeヴァンダンジュ・収穫

通常9月半ば〜10月初旬に手摘みで行うのがChampagneの義務!

・Pressurageプレシュラージュ・圧搾 

Cuveeキュベ /酸が豊富で長期熟成に耐える

Tailleタイユ /酸が少ないため熟成向きではない

・Debourbageデブルバージュ ・果汁清澄

圧搾ででた果汁をタンクに入れ,12−24時間静置し、果汁に含まれていた不純物を沈殿させ,果汁だけを発酵タンクへ移す。

・Fermantation Alcooliqueフェルマンタシオン・アルコリック・アルコール発酵

ぶどうを品種,産地ごとに分けて圧搾、清澄の済んだ果汁をアルコール発酵(一次発酵10−15日)させ、スティルワインを作る。

・Fermantation Malolactiqueフェルマンタシオン・マロラクティック・マロラクティック発酵

果汁やワインに含まれるリンゴ酸が乳酸菌の働きによって、乳酸と炭酸ガスに分解される発酵 (任意での作業)

・Assemblageアッサンブラージュ・調合

収穫年の翌年2月頃、Vins de Reserveヴァンドレゼルブ(前年までの収穫し、貯蔵してあるワイン)も入れて一次発酵で得たワインを30−50種類調合。

・Tirageティラージュ・瓶詰め

Liqueur de Tirageを添加し、王冠を打栓。

f:id:azuki-sommelier:20191126094122p:image

Deuxieme Fermentation en Bouteilleドウジエム フェルマンタシオン アン ブテイユ瓶内二次発酵

瓶の中で酵母が糖を分解。

   6−8週間で終わり、役目を終えた酵母は澱となって沈殿する。

・Maturaion sur Lieマチュラシオンシュルリー・瓶内熟成

澱と共に熟成

・Mise sur Pointeミズシュルポワント・倒立

Pupitreピュピトルという台に逆さに瓶を立たせる。

・Remuageルミュアージュ・動瓶

5−6週間、瓶を少しずつ回し、折を瓶口に集めていく。

   現在は機械を使っているところも。

・Degorgementデゴルジュマン・澱抜き

瓶口を凍らせて溜まった澱を飛び出させる。

・Dosageドザージュ・糖分調整

ワインと糖分を加え、目減り分を補う。

   糖分添加量により甘辛度が決定。

・Bouchageブシャージュ・打栓

Museletというコルクと針金で固定。

スパークリングワインの製法の種類

f:id:azuki-sommelier:20191127085538p:image

スパークリングワインの製法は5種類!!

【Methode Traditionnelle】メトード・トラディッショネル(トラディッショナル方式)

・スティルワインを瓶に詰め、糖分と酵母を加えて、密封、瓶内二次発酵させて作る方式。

 ・Champagne他、ドイツFlaschengarungフラシェンゲールング、イタリアMetodo Classicoメトードクラシコ、スペインCavaカヴァの表記されたものはこの方式。

 ・シャンパーニュ方式と言うこともあり。

【Methode Charmat】メトード・シャルマ(シャルマ方式)

・スティルワインをタンクに密閉し、そこに糖分と酵母を加え、二次発酵させて造る方式。

 ・密閉タンク方式とも言う。

・イタリアPiemonte州のAstiが代表。

【Methode de Transfert】メトード・ド・トランスファー(トランスファー方式)

・瓶内二次発酵させたワインをタンクに開け、冷却、濾過して新しいボトルに詰め替える方式。

 ・フランス、アメリカで行われているMethode TraditionnelleのRemuage(動瓶)とDegorgement(澱抜き)を簡略化したもの。

【Methode Rurale】メトード・リュラル(田舎方式)

 ・一次発酵途中のワインを瓶に詰め、栓をし、瓶内で残りの発酵を行う。

 ・フランスClairette Die、Rhone、Gaillac南西地方などが代表。

【カーボネイティッド・スパークリングワイン】

 ・加圧下のタンクにワインを入れ、炭酸ガスを吹き込む方式。

f:id:azuki-sommelier:20191127085719p:image

・フランス🇫🇷Vin Mousseux、Cremant(瓶内二次発酵)

・ドイツ🇩🇪Schaumwein、Sekt(瓶内二次発酵)

・イタリア🇮🇹Spumante

・スペイン🇪🇸Espumoso

シャンパーニュ・甘辛度・ラベル表示用語

Champagne地方の規定、甘辛度など・・です。

Non Millesimeとは・・・基本的にChampagneは数年分のスティルワインをAssemblageしてつくるので収穫年(ヴィンテージ)を表記しない。

瓶内熟成期間 /Tirage(瓶詰め)後最低15ヶ月間(うち最低12ヶ月は澱と共に熟成)

Millesimeとは・・・いい年のみで造られ、収穫年を表示したChampagne。

瓶内熟成期間 /Tirage(瓶詰め)後最低3年間

f:id:azuki-sommelier:20191126214124p:image

Grand Cru

・格付け100%Cru(村)の畑のぶどうだけで造ったChampagne。

Premier Cru

・格付け90%Cru(村)の畑のぶどうだけで造ったChampagne。

f:id:azuki-sommelier:20191126214039p:image

辛 Brut Nature (Pas Dose) 3g /L未満

↓    Extra Brut                              0−6g /L未満

↓   Brut                                        12g /L未満

↓   Extra Dry                                12−17 g /L未満

↓   Sec                                         17−32g /L未満

↓   DemiーSec                             32−50g /L未満

甘 Doux                                       50g /L越

ちなみにBrutとはフランス語で“気のまま”という意味らしい・・・

f:id:azuki-sommelier:20191126214255p:image

N・M・・・ネゴシアン・マニピュラン

原料のぶどうを他社から購入。Champagneを醸造する生産者。いわゆるメゾンで1番規模が大きい!(出荷量は全体の7割)

R・M・・・レコルタン・マニピュラン

自分の畑で栽培されたぶどうのみを使い、製造も自分たちで行う農家。

C・M・・・コーペラティヴ・ド・マニピュラン

加盟する栽培農家が持ち込んだぶどうを原料として、醸造から販売までを行う生産者協同組合。

R・C・・・レコルタン・コーペラトウール

協同組合にぶどうを持ち込み、醸造を委託。自社銘柄で販売。

・S・R・・・ソシエテ・ド・レコルタン

一族の所有する葡萄畑で収穫された原料を用いて、醸造、販売。

・N・D・・・ネゴシアン・ディストリビュートウール

完成したChampagneを購入し、自社ブランドのラベルを貼って販売。

・M・A・・・マルク・ダシュトウール

スーパーやレストランなどのプライベートブランドのラベルが貼られたChampagne。

 

azukiina
azukiina

お疲れ様でした(^^)

ATTENTION
こちらのブログをご覧になっている皆様。
当情報の正確性をご確認ください。
間違っている点がありましたら他にご覧になっていらっしゃる方のためにも、
ご指摘くださいますよう、よろしくお願いいたします(^^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました